槍ヶ岳に登った時に気になったことの話。

槍ヶ岳に登った時に気になったことの話。

 ■高山病

特に医師の診断を受けたわけではありませんが、ネットで調べる限り、高山病の典型的な症状が出ていたので、槍ヶ岳山荘で自分が苦しんだのは、高山病であった可能性が高い、と思っています。

 

www.jsmmed.org

 

水飲みたりなかったのかなーと思ったりしますが、原因は何なんでしょうね。

まあ、イブを飲んで効いたので高山病ではなかったのかもしれませんが、次回以降で3000m付近まで登ったり、泊まったりする時は、気をつけていこうと思います。

・意識をしてよりたくさんの水を飲む。

・より安定したペースを守って登る。

 

■靴ずれ

これ、結構致命的でした。

元々足に合っていない感がありつつ、今の靴を履いているのですが、迷わず買い替えを考えるレベルで。

で、人に指摘されるまで気が付かなかったのですが、どうも高山(病)の影響で足が浮腫んでいたみたいです。

なので、靴に対して足が異常に圧迫されたり、つま先がやたらと当たったりする、ということの原因のようでした。

と言うことは、そもそもの高山病対策をしないと、どんだけ靴を買い替えてもだめだっていう話ですね…。

とは言え、平行して靴の買い替えについては進めていこうかと思っています。

 

■レインウェア

上着は早めに羽織ったのですが、面倒だった下を結局大雨の中で履くことになったり、そのせいで全身ずぶ濡れになってしまったり。

3000mの高山で、この日は強い風も吹いており、このせいでかなり体力を奪われたことは否定できません。

正直、レインウェアは着たり脱いだりするのは正直面倒で、晴れてる時にレインウェアを着てると体力を奪われるので、より正確な判断を早くしないといけない、という感じですね。

今回改めてそれを感じました。